にんにくの効果と効能-おすすめのレシピやサプリメント

MENU

にんにくの副作用と過剰摂取によるデメリット

栄養価が高く健康にも効果のあるにんにくですが、他の野菜とは性質の異なる部分もあり、過剰に摂取することで副作用のような症状が出てしまう場合もあります。
健康に影響の出ないよう、どのような副作用があるのかしっかり覚えておきましょう。

 

アレルギー症状を引き起こす

 

多くの食品にアレルギー症状を引き起こす例があるように、にんにくにもアレルギーを引き起こす可能性があります。
にんにくは、素手で収穫すると手が荒れて真っ赤になってしまうほど刺激の強い野菜です。
一般的になじまれている加工されたにんにくでは、触っただけでアレルギーの症状を引き起こすことは稀ですが、人によっては食べるとのどが荒れて息苦しくなったり、じんましんがでてしまうなどの症状が出ることもあります。もしもにんにくを食べた後に体に異常が出た場合は、食べるのをやめて皮膚科での診断を受ける必要があります。

 

胃腸のむかつきや荒れ

 

にんにくは他の食品に比べて刺激の強いものであるため、体質によっては食べ過ぎると胃腸が荒れてしまうことがあります。特に、空腹の状態で多量ににんにくを摂取すると、胃のむかつきなどの症状が現れる可能性が高くなります。生に近いにんにくなどは、空腹時にそれだけで食べることは控え、できるだけ食事と一緒に適量を食べるよう心がけましょう。普段から胃腸が弱さを実感している人は特に注意が必要です。

 

下痢・腹痛

 

にんにくには強い殺菌作用があると言われています。腸内の悪玉菌を減らしたり、毒素を排出する効果があるほか、整腸作用も高く、腸の働きを活性化させます。そのため、適量を摂取すれば、便秘改善や腸内細菌の適正化などの効果を期待することができます。
しかし、過剰摂取しすぎると、作用が強くなりすぎてお腹がゆるくなり、下痢や腹痛などを引き起こしてしまう可能性もあります。

 

血液が止まりにくくなることも

 

多くの人の症状が出るわけではありませんが、過剰摂取することによって古傷から出血したり、歯茎からの出血や鼻血が出やすくなるなどの症状が出る可能性があります。
にんにくには血液中の血小板の凝固作用を抑える「アリシン」という成分が含まれているため、血栓の予防や動脈硬化を防いでくれるなどの効果が期待できます。しかし、この効果が強く出すぎてしまうことによって血液が止まらなくなってしまうことがあるのです。

 

サプリメントで効果的に摂取する

 

にんにくサプリメントを使用すれば、毎日必要なだけのにんにくの栄養素を摂取することができるので、食べ過ぎて体調を崩してしまうことや、アレルギー症状を引き起こす危険性もなくなります。また、にんにくの独特の臭い心配することもないので女性にはおすすめです。